kintone Café(キントーンカフェ)三重Vol.5に参加してきました

2020年1月10日(金)、「kintone Café(キントーンカフェ) 三重 Vol.5」が開催され、弊社スタッフも参加しました。

今回vol.5では、ユーザー事例として工場設備導入・トータルエンジニアリング事業を行っているF.テクノ 伊藤さん、介護事業を行っているアイリス南郊 辻さん、サイボウズ社員のウッシーこと後迫さん、かんちゃんこと神田さんの4名から発表がありました。

過去のレポートはこちらからご覧ください!

参加者の自己紹介からスタート

まずは恒例の自己紹介から。
お名前、kintone(キントーン)歴、普段の仕事内容、お正月何してた?について、一人ずつ発表。自己紹介を通じて、プレゼンター以外の方も、Café中に質問や発言がしやすくなるようです。


サイボウズ新入社員の神田さんは今回初めてのkintone Café(キントーンカフェ)参加とのこと。
後程プレゼン発表も行っていました。

笑顔で温かく見守るkintone Café(キントーンカフェ)先輩たち。


サイボウズ 後迫さんからプレゼンスタート!


もしkintone(キントーン)がもっと速く、簡単に動いたら、もっと幸せになるのに…というタイトル。
何やら気になりますね。

後迫さんはkintone Café(キントーンカフェ)三重2度目の参加。毎回盛り上がるネタを仕込んでプレゼンされるのですが、今回はIFにかけて、「if」というタイトルで「if関数」の紹介をDA PUMPの「if」をBGMでかけながら紹介されていました笑


​1/12(日)、ついに、kintone(キントーン)にIF関数が実装され、「●●の場合××のフィールドを△△する」という設定を、カスタマイズせずに実現させられるようになりました!というお話。

kintone(キントーン)アップデートの詳細はこちらから

そのほかアップデートにより実装される便利機能について紹介していただきました。

後迫さんから補足「ただし…今回のIF関数に対応できていないフィールドもある…今後に期待です…」というお話もありました。悩ましそうな写真が撮れました笑;;


つづいてサイボウズ 神田さんからkintone(キントーン)活用の秘訣についてプレゼン。


入社1年目の神田さん、自己紹介時は「5分ほど簡単にプレゼンを…」という控えめな前置きがありましたが、いざプレゼンが始まると、しっかり構成されたスライドで、堂々とトークするかんちゃん!期待の星ですね!

普段神田さんはkintone(キントーン)導入相談カフェにて、クライアントから相談を受けたり、受けた相談に応じてkintone(キントーン)構築のサポートを行ったりしているそうです。

そんな経験を通じて、kintone(キントーン)活用では3つのフェーズで抑えるべきポイントがあるとのこと。

①構築前の段階でのコミュニケーションでは、現状の課題をチームで把握し利用目的を共有すること。


②構築中の段階でのコミュニケーションでは、目的を定めたチーム自身でkintone(キントーン)アプリを構築すること。


③運用段階の段階でのコミュニケーションでは、kintone(キントーン)の機能やプラグインを活用し、kintone(キントーン)内でコミュニケーションを進めていくこと。


どれも納得の内容でした。

後半戦はユーザー事例発表!まずはF.テクノ伊藤さん。


​たくさんかかえている案件の対応漏れ遅れを防ぐために、業務改善ツールを探していたとのこと。

kintone(キントーン)も含め、どれがよいのかイメージがわきづらい。決定打は価格だったそうです。


社内の要望を拾いながらkintone(キントーン)の活用改善を進めていったところ、kintone(キントーン)定着が進み、せっかくならkintone(キントーン)ですべて管理したいという声が上がったそうです。


社内の要望をふまえてkintone(キントーン)への一元化を実現したそうです!​


今後は見積作成業務の効率化の為に、kintone(キントーン)にデータを蓄積し、見積作成システムに連携させる予定とのこと。

最後にアイリス南郊 辻さんから事例発表。
実際のkintone(キントーン)の環境にもとづき、発表をされていました。
(アイリス南郊さまのクラウドを活用した業務改善記を公開中!こちらからご覧ください)

長年、介護業務の効率化に役立つシステムを探していたそうですが、どれも「導入費用が掛かりすぎる」「自社の業務には合わない」などが原因で、良いシステムに出会えなかったそうです。
自分たちの業務に合わせていつでも柔軟にアプリの修正が出来るところがkintone(キントーン)の魅力。
kintone(キントーン)に出会えて、本当によかったです!と発表中もお話ししていらっしゃいました。


介護事業は業務の特質上(行政からの資料共有・報告など)もあり、紙資料が大量発生しがち。

日報も紙に記入をしていましたが、利用者の方の1日の様子などチームで共有すべき情報が瞬時にいきわたらない、という悩みを抱えていたそうです。

kintone(キントーン)に利用者情報を一元化し、タブレットやPCを用いて情報入力、サービス提供に必要な情報が瞬時にチームにいきわたるようになったとのこと。

また現在導入2年目であり、1年目は辻さんが主体的にkintone(キントーン)化を進めていたそうですが、2年目からは、より現場を巻き込みkintone(キントーン)活用定着させる目的をもって、施設ごとにIT推進担当者を立てて、kintone(キントーン)活用を進めていっているとのことです。​

第5回も大盛り上がりの内容でした!


そして毎回お楽しみの懇親会でも、kintone(キントーン)トーク炸裂。
印象的だったのは「家族の介護の為に、親族でkintone(キントーン)使って情報共有している」というお話。
チーム応援ライセンスをうまく活用しているみたいです…すごい…
その話を聞いて「子供の授乳時間を管理しようかな」と刺激を受ける方も!


次回開催は2020年2月21日! 詳細決まり次第こちらに案内が掲載されます。