1. HOME
  2. ブログ
  3. kintone・LINEWORKSを活用した生産計画|製造業伊勢舗装工業さまの事例【その2】

kintone・LINEWORKSを活用した生産計画|製造業伊勢舗装工業さまの事例【その2】

LINEWORKS kintone生産計画

社内の在庫量をデバイスひとつで確認するために、業務アプリ構築サービス「kintone」を導入した伊勢舗装工業 株式会社さま。在庫状況を目視で確認していた状態から、大きな変化を生み出すことに成功しました。今回は、さらに今度の稼働スケジュールを立てられるような仕組みづくりを進めました。

▼伊勢舗装工業さまのIT改革!前編(kintoneの導入)はこちら

ホワイトボードでの予定管理から脱却

今までの受注の流れは、下記の通りでした。

工事現場から各担当へ直接注文が入る→担当が紙に書きオフィスのホワイトボードに貼る

しかし、この流れだと、全ての担当スタッフが社内に戻ってホワイトボードに記入するまで、全体の必要量が分かりません。そのため、今後の生産スケジュールの見通しが立てづらくなってしまいます。
生産スケジュールが事前に立てば、高額な稼働コストのかかる機械の無駄な稼働を減らすことも可能です。

紙に書かれた注文内容を共有しているホワイトボード


LINE WORKSでスケジュール管理をスタート

kintoneで在庫量をリアルタイムで把握できるようになった伊勢舗装工業さま。その基盤を活かし、次はLINE WORKS(ラインワークス)の導入をすることにしました。

LINE WORKSは、多くの方が使用しているメッセージアプリ「LINE」がよりビジネスに特化した仕様になったツールです。LINE WORKSであれば、メッセージのやりとりだけでなく、スケジュール共有も容易に行えます。

また、スタッフがプライベートで使用しているLINEとは別に作成もできるため、コンプライアンスの観点でもメリットがあります。

LINE WORKS(ラインワークス)について詳しく見る。

月間・週間の必要量が明確に

早速、LINE WORKSのスケジュール機能を活用し、スマホから生産スケジュールを入力するように習慣づけました。

担当スタッフが電話で注文を頂いたら、すぐにLINE WORKSにスケジュール登録。チームメンバーには、通知機能を使って迅速なコミュニケーションが取れるようになりました。

結果、週間/月間それぞれの必要量が分かり、今後の生産スケジュールをスムーズに立てられるように機械の無駄な稼働を減らすことも可能になったため、経費削減にも成功しました。

生産/出荷スケジュール

LINE WORKS導入で会社はこう変わった(ビフォー・アフター)

LINE WORKSによって、伊勢舗装工業さまに起きた変化をまとめてみましょう。

ビフォー
(LINE WORKS導入後)
アフター
(LINE WORKS導入後)
・kintoneで在庫状態をすぐに&正確に確認できるようになったものの、今後の生産スケジュールについては各担当スタッフに確認する必要があった。



・各担当がLINE WORKSに受注状況を記入して共有することで、週間と月間での必要量がすぐにわかるようになった。

・生産スケジュール立てがスムーズになり、機械の無駄な稼働を減らすことも可能に。大幅なコストカットに成功。

大型モニターを設置して、社内の情報共有をさらに強化

社内の情報共有をさらに円滑にするために、オフィスに壁掛けモニターを導入しました。モニターには、現在の生産量や今後の生産スケジュールを表示し、社内の誰もがこれらの情報を即座に確認できるような環境を整えました。

今ではモニターの前で打ち合わせをすることも。効率的な稼働方法をメンバーで考え、当初から実現したいと考えていた機械の無駄な稼働を減らすことも可能になりました。

大型モニターを見ながら打ち合わせをしている様子

これで、必要な量を正確に生産できるようになり、コストダウンも見込めるように。場内整備に充てる時間もできたため、安全に仕事を進めやすくなりました。

情報共有の輪は社内から社外へ。さらなる改善へ

目視での在庫チェックからの脱却。そして、時間ロスの大きいホワイトボードでの受注管理からも開放され、業務管理は一変しました。

しかし、変革は社内だけには止まりません。次回は、取引先のお客様と連携し、さらに効率的な業務を目指します。
その3へ続く…)

おすすめ記事  クラウド活用は当たり前!さらなる収益向上、成長に必要な取組みは? コムデックプレゼン|第14回クラウド担当者勉強会

関連記事

follow me

おすすめ記事

最新記事