1. HOME
  2. ブログ
  3. IT活用戦略セミナー2019 DAY2 基調講演レポート|船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 長島 淳治 様

IT活用戦略セミナー2019 DAY2 基調講演レポート|船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 長島 淳治 様

2019/6/18~6/19 三重県営サンアリーナにて開催した「IT活用戦略セミナー【働き方改革にDX(デジタル・トランスフォーメーション)で立ち向かえ!】」の各講演内容を詳細にお伝えします!

基調講演「働き方改革とデジタルトランスフォーメーション」船井総合研究所 チーフ経営コンサルタント 長島 淳治 様

DX(デジタル・トランスフォーメーション)を成功させるために最も重要な重要なこととは?についてお話いただきました。

2018年6月に成立した働き方改革関連法案について、長島様は「よくある間違いがあります」と話します。
それは「働き方改革は、労働環境が改善されるものである」ということ。
実際に残業時間に規制はかかったが、業務時間内に対応しなければならない業務量が増えてしまった、終わらなかった仕事はサービス残業や社外に持ち出し仕事をしている…という企業が散見されるとのこと。

働き方改革関連法案の概要に触れ、「全労働者に対する法が変わったというのは、大きな変化であることを今一度認識していただきたい」と話します。

どこまで大きな変化が起きているかというと…

年中無休の飲食店が一斉休業日を設ける、コンビニが24時間営業を見直すなど、「今までであれば考えられなかったような変化が起きている」状態になっています。

働き方改革関連法案の施工や、施工に伴った各業界での大きな変化の背景には、「人口減少」「超高齢化社会」が関わってきます。

2025年~の人口比率をイメージ化すると、

圧倒的に若い働き手が不足していってしまうことが分かります。

長島様はDX(デジタルトランスフォーメーション)について、
「デジタルの力を活用して会社を良い方向に導くこと」であると話します。

中小企業がまず取り組むべきことは…

「ぼっち仕事」を無くすことである、と長島様。ぼっち仕事がなくなったら、どういう会社になれるかというと…

「チーム」(未経験者、時短勤務、シニア、アウトソース、外国人など多種多様な人材を含む)で仕事ができるようになる、と長島様は話します。

最後にまとめとして6つのポイントをお話しいただきました。

長島様、ご登壇頂き有難うございました!

参加者感想

・三重の北勢地域の経営者にもお話を聞いてほしいと思いました。

・社長へ働き方改革について話してみようと思います。

・社内の状況を把握するなど、考える時間を作る必要があると思った。

・「若者というだけですばらしい」高齢化社会への対応は急務だと思う

・今後の働き方改革による影響をITやクラウドを活用しカバーしていかなくてはいけないと気づき、見るからに”ぼっち仕事”の多い自社の作業内容の見直しを早急に進めて組織力を高めていかなければならないと思いました。

・弊社はぼっち仕事がまだまだたくさん残っています。できること(デジタル化)から取り組み、ぼっち仕事をなくしていかなければと思いました。



関連記事