1. HOME
  2. ブログ
  3. kintone・LINE WORKSで取引先と情報共有|製造業伊勢舗装工業さまの事例【その3】

kintone・LINE WORKSで取引先と情報共有|製造業伊勢舗装工業さまの事例【その3】

仕入先との情報共有

kintoneとLINE WORKS。2つのツールを使うことで、大きく業務効率を改善させることに成功した伊勢舗装工業株式会社さま。社内での在庫量はkintoneでリアルタイムに確認が可能に。そして、LINE WORKSのスケジュール機能で出荷分をすぐに共有することで、今後の生産スケジュールが立てやすくなりました。最後のステップとして、社外との情報共有で、さらなる効率化を目指します。

▼伊勢舗装工業さまのIT改革!(kintoneの導入)はこちら
▼伊勢舗装工業さまのIT改革!(LINE WORKSの導入)はこちら

社内共有だけじゃもったいない!という発想から…

今までは、社内メンバー間に限り、kintone/LINEWORKS上で情報を共有していました。しかし、これらの情報は「取引先企業にとっても役に立つのではないか」という考えから、有用な情報を社外にも公開することにしました。まず行ったのは、 仕入れ業者様と自社の間で行われている業務の整理から。

仕入れ業者様との業務を整理し、どの情報を公開すると双方の効率化につながるかを検討している

仕入れ業者様とも情報共有をスタート

結果、在庫量と生産スケジュールを仕入れ業者様にも共有することで、商材が規定値以下になったら、届けてもらう仕組みを構築し、発注業務にかかる時間が大幅に減らしていく予定です。発注レスになることで、仕入れ業者様にとっても大きな負担減となります。

仕入れ業者様 に共有している自社の在庫状況
仕入れ業者様 に共有している自社の生産/出荷予定

kintoneとLINEWORKSでコミュニケーションが完結!

いつでもどこでもスマホから在庫量と生産スケジュールを確認。その情報を基に、正確な意思決定を素早く行う。kintoneとLINEWORKSで驚くほどの業務改善がなされました。

まとめ

kintone

目視でチェックしていた在庫量を、スマホやPCで確認できるようになった。また、経験値に頼った在庫管理を止めることに成功。

LINE WORKS

受注→スケジュール記入の流れをLINE WORKSで行うことで、従来のホワイトボードでの共有より圧倒的に情報伝達が早くなった。

結果、生産スケジュールの作成も進み、高額な稼働コストを要する機械が動かさない日を設けることができた

在庫量の把握。スムーズな受発注。効率的な生産スケジュールの作成。企業の時間や経費に大きく関わるこれらの業務は、ITの力で実現することができます。


今回ご紹介したkintone とLINE WORKS。業務に時間を大きく取られてしまっている企業様や、自社だけでなく提携企業と連動して効率化を進めたいという企業様にも、確かな違いを生み出す施策と言えます!

伊勢舗装工業さま ご協力ありがとうございました。

おすすめ記事  お問合せが大幅アップ!でも対応漏れの心配は激減!案件管理はkintone(キントーン)で|建設業なかむら建設さまの事例

関連記事

follow me

おすすめ記事

最新記事