1. HOME
  2. ブログ
  3. iPadが「POSレジ」「おもてなし電話」で活躍中|ユーザーインタビュー 向井酒の店様

iPadが「POSレジ」「おもてなし電話」で活躍中|ユーザーインタビュー 向井酒の店様

伊勢で老舗居酒屋といえば、東の「向井」、西の「一月屋」が双璧と言われています。
ミュシュランガイド東海版でビブグルマンにも選ばれた「向井酒の店」は創業60年、三代目の大将は、ご存じの方も多いのですが、弊社代表 樋口とは従兄弟の関係であり、弊社ではお客様との会食に「向井酒の店」を頻繁に利用させていただいています。
最近まで算盤でお会計していた、IT化とは無縁に見える昔ながらの居酒屋ですが、実は大将結構なIT好きで「Evernote」によるレシピ管理やiPadを使って「POSレジ」などIT活用経営にも取り組んでいます。
大将から予約電話対応の悩みを聞いた、樋口が解決策としてお勧めした「おもてなし電話」、実際に導入して何が変わったのか大将と、看板娘の福美さんにお伺いしてきました。
★今回インタビューは従兄弟同士のため、方言バージョンでお送りいたします。

企業紹介

「向井酒の店」
伊勢市宮後2-5-26
0596-25-8335 ★予約必至!!
伊勢市駅から徒歩5分

iPadが「POSレジ」「おもてなし電話」で活躍中

樋口
今日は取材対応有り難う!
「おもてなし電話」、実際使ってみてどう? 向井のミラクルな電話対応って改善された?(笑)

向井大将
家族経営のお店だから、電話対応は正直お褒め頂けるレベルでは無いと思う(苦笑)
でも改善に向けて、「おもてなし電話 シンカCTI」導入して劇的に良くなる!って事は無いけど、効果出てきたわ。
地道に着信履歴に名前登録して、名前が出る、どんなお客さんが判ってる状態で電話出るって違うな~

樋口
顧客ノート、別名「福美の閻魔帳」から300件は手入力したんで、そう言ってくれると俺も嬉しいわ~

向井大将
中村さんとか、ありがちな名字の予約電話も、電話番号とメモ機能で間違いが無くなったな。
あと普通の店だと予約すると連絡先の携帯電話の番号聞かれるやん。
「おもてなし電話」導入してからは、着信で番号だけでなく時刻も判るから、初めてのお客さんでも携帯番号聞かなくて良いんさな、コレは双方効率的で良い!

福美さん
忙しい日は朝から70~80本、普段でも予約や問合せ、業者さんから30~40本の電話が掛かってくるんさ。

店内では大小3台のiPadが「POSレジ」、「おもてなし電話」で活躍中です。

樋口
ミシュラン貰って掛かってくる電話の本数増えてるし、効率的に行動できるよう、対策を考える習慣をつけやなアカンな。

福美さん
繁忙期の週末は満席で待ちのお客様も多いんで、二時間以内で席を譲ってって御願いしてるんやけど、ついつい長っ尻になるお客様も居てな~(苦笑)
長っ尻の常連さんは、 「おもてなし電話」に情報登録して、予約電話の時点で二時間で御願いしますと念を押して協力して頂いてます(笑)

樋口
おお!具体的で良い使い方!

福美さん
これならアルバイトでも誰でもできる、お客様の情報が電話が着信した瞬間から共有出来ているのは確かに便利やわ。
複数のiPadやパソコンでも見られるで、スマホでも店の着信判って便利やし。

樋口
もっともっと活用して、お客さんに喜んでもらいつつ効率上がる様に改善していきましょう!
今日は取材協力ありがとう!
最後に記念写真を….「おもてなし電話で、ガッツリ!」(笑)

「おもてなし電話 シンカCTI 」の活用で、従兄弟コンビが共にガッツリ!?

関連記事