1. HOME
  2. ブログ
  3. クラウド勤怠システムking of time導入相談会REPORT

クラウド勤怠システムking of time導入相談会REPORT

近頃メディアやCMでも頻繁に目にする「勤怠管理クラウドサービス」。

今までは紙のタイムカードで出退勤を記録し、
経理が1ヶ月に1回集計、残業や有休などの各種申請書と見比べながら給与計算に落とし込んでいく…

といった方法をとっていた企業が、
次々と、「クラウド化」「システムによる集計の自動化」に取組み始めている状況です。

三重県の中小企業も例外ではありません。
コムデックにも、勤怠管理クラウドking of timeのお問い合わせを多数いただきます。

ただ、導入に際しよく相談いただくのが…
『 導入したいという気持ちはあるけど…今まで紙で集計していた勤怠を、クラウドで初めて管理しはじめる為、操作に不安がある』
『そもそも現在の就業規則、勤怠管理ルールに不安がある(このまま設定してしまっていいの?見直し必要?)』
というもの。

コムデックでは、
現在の勤怠管理業務の流れをお伺いしながら、king of timeに落とし込むべき箇所を洗い出していきます。
社労士同席のため、就業規則が現在の労働基準法に準拠しているかなど、労務管理上の不安な点はその場で専門家の知見を聞くことができます。

今回は、伊勢山田クリーンパック様にお越しいただきました。

お打合せの流れは…

==================
現在の勤怠管理業務についてヒアリング

king of timeの適した運用環境(打刻機器/設定の大枠)の選定

king of timeに設定を落とし込むための確認
(職種ごとの労働時間、残業時間、休憩時間の算出方法など)

実際にking of timeで運用した際のイメージの共有

導入スケジュールの決定
==================

このような形です。所要時間は2時間ほど。

king of time画面をご覧いただきながらイメージの共有

いただいた情報に基づき、king of timeの初期構築をコムデックが代行し、環境が整ったらいよいよ打刻を開始。
集計値に基づき設定を調整していきながら「自動的に正確な集計値を出せる」ような状態を目指していきます。

勤怠管理システム導入ご相談はいつでも受付中!

関連記事